クライオ療法

急激に患部を冷やす「クライオ療法」

これまでの施術では、多くの場合「温める」ことが重要視されていたと考えられます。
しかし、冷やすことによっても患部の治癒力向上を図ることが期待できます。

本記事では、患部を急激に冷やす「クライオ療法」について詳しくまとめてあります。
特に「身体に強い痛みをお持ちの方」「ケガから早く復帰したい方」はぜひこちらの記事をご参考ください。

クライオ療法を受ける方によくある症状

  • ケガから早く
    復帰したい

  • スポーツ後に
    疲労を蓄積
    したくない

  • ぎっくり腰で
    腰に強い
    痛みがある

  • 捻挫をして
    患部が腫れてきた

低温で冷やすクライオ療法とは

「身体は温めた方がよい」「冷やすと健康に良くない」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
クライオ療法は一般的なイメージとは反対に、患部を冷やしていく施術になります。

「冷却することがなぜ効果的なのか?」「クライオ療法ではどのような効果を期待できるのか?」についてこちらで詳しくご紹介していきます。

 

【クライオ療法とは】

 

クライオ療法とは、アイスパックを使って患部を急激に冷やしていく施術方法になります。
凍傷にならない程度の低温で急激に冷やすことにより、まずは「感覚を麻痺させて痛みを感じにくくする」という鎮痛効果を期待できます。

また、冷却された箇所は「冷えた場所は温度を上げなければ」と身体が反応するために、血流量が増加する効果も期待できます。

クライオ療法は、基本的に強い炎症が出る急性期に使われます。
冷却によって炎症を抑え、損傷した組織の回復に必要な血流を増加させることが期待できるためです。

しかし、クライオ療法は急性期だけではなく、慢性期でも使えるといえます。
慢性的な痛み、こり感は血流不足による老廃物、疲労物質の蓄積や、筋緊張による神経の圧迫、刺激などが原因になっていると考えられています。

クライオ療法は冷却によって、血流量が増加することが考えられるために、老廃物の排出を促し、筋緊張を緩める効果も期待できる施術法です。

クライオ療法によって改善されやすくなる症状について

クライオ療法は具体的にはどのような症状に活用すればよいのでしょうか。
こちらでは「クライオ療法によって改善が期待できる症状」についてご紹介していきます。

 

【クライオ療法によって改善が期待できる症状】

 

・急性のケガ

骨折、捻挫、打撲、挫傷といった急性の外傷では、内出血のために患部は腫れてきます。
患部の腫れで神経と血管が圧迫されることにより、痛みは増長され、患部への血流が悪くなることが考えられます。

クライオ療法で患部を急激に冷却することによって、鎮痛効果と内出血を抑える効果を期待できます。

 

・ぎっくり腰の急性期

ぎっくり腰を起こした直後は炎症症状があらわれ、強い痛みもみられます。
患部を急激に冷却することで炎症を抑え、感覚を麻痺させることでの鎮痛効果も期待できます。

 

・スポーツ後の疲労

スポーツ後は、疲労物質がたまりやすく、激しい運動で筋肉が微細な損傷を起こしていることが考えられます。
クライオ療法によって老廃物の排出を促すことで、疲労回復、筋の回復促進といった効果を期待できます。

にしこく鍼灸整骨院【クライオ療法】

これまでの施術は、多くの場合暖める事が重視されていました。
「冷え」が原因で発症した場合は暖めることにより治癒するものもありますが、症状によっては、温熱療法を行うと余計に悪化する場合もあります。

しかし、ただ冷やせばいいのではなく、冷やし方が重要となってきます。
凍傷にならないギリギリの低温で患部を短い時間冷やします、中途半端な冷たさで長時間冷やすと身体そのものが冷えてしまいます。
また、炎症の強い箇所、局所を冷やし、不必要な部分は冷やさないようにすることも重要です。

冷却することにより鎮痛作用、炎症・浮腫みの抑制、反射皮膚温上昇による筋弛緩などが期待できます。
代謝アップや免疫力や自然治癒力の向上、疲労やストレス抑制、よく眠れるようになるなど、わずかな時間のケアでさまざまな作用が働きかけ、一度に多くの問題を同時解決する画期的な施術です。
冷気の刺激も心地よく、冷たくてつらいといった強力な刺激もありませんので、冷たいのは苦手、刺激や痛みは苦手という方でも気持ちよく受けられます。

また、冷たさは幸せホルモンや癒し、心地よさのホルモンなどとも呼ばれるエンドルフィンの分泌も促進するため、お身体の定期メンテナンスや健康維持のために利用されるといいです。
当院ではそれ以外に、ぎっくり腰や痛みに過敏な方(皮膚を触っただけで痛みがある)にも使用してます。

よくある質問 FAQ

  • クライオ療法はどんな時に使用しますか?
    当院では、主にぎっくり腰をやりたての方、皮膚表面上で触れても痛いなど、疼痛が極端に過敏な方などに使用します。
    無理に手技を行ったりすると、かえって悪化する場合もあります。

    このクライオ療法には細胞を活性化させることで、自然治癒力を高めるという目的があります。
  • 冷たいですか?また凍傷にならないですか?
    確かに冷たいと思いますが、一瞬です。
    専用のパックを使用しますので、凍傷にはなりません、安心してください。
  • デトックス効果があると聞きましたが本当ですか?
    当院で使用するものは非常に局所に行うため、デトックス効果や、免疫向上というものは期待できません。

著者 Writer

著者画像
院長:荒木 祐二(アラキ ユウジ)
1973年1月27日生まれ・A型・八王子出身
趣味:ランニング、アウトドア、旅行、タイ語レッスン(少しだけ話すことができます)
得意施術:カイロプラクティックとマッサージです。

どんなに頑固な症状でも諦めず、心込めて施術を行います。
一緒に改善していきましょう。
 

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:にしこく鍼灸整骨院
住所〒185-0013 東京都国分寺市西恋ヶ窪2-5-15
最寄:JR中央線・武蔵野線の西国分寺駅北口より徒歩30秒です。
歩き方は、西国分寺駅の北口をでて、左に曲がってまっすぐいきます。つきあたりの不動産屋さんを右に向くと到着です。
駐車場:当院と提携しております、コインパーキングをご利用ください。一部負担させていただきます。

府中街道沿いにある西恋ヶ窪2丁目のセブンイレブンから武蔵野線の線路下のガードをくぐって、すぐ!右に曲がります。
すこし坂を上った、すぐ!!左側にある「NTTル・パルク西恋ヶ窪駐車場」が、ご利用いただける提携駐車場になります。

ちょっとだけ分かり難いかもしれませんが、すぐ!右、そして、すぐ!左、だけしっかり覚えていただければ問題ないかと思います。

駐車場をご利用される方は、精算機にて「利用証明書」を発行してもらい、証明書と引き換えにて割引チケットと交換します。
割引チケットは40分までとなっております。
それ以上の時間は自己負担になりますのでご容赦ください。
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
9:00〜
12:30
-
16:00〜
20:00
15:00~
17:30
-
定休日:日曜・祝日、夏季・年末年始

【公式】にしこく鍼灸整骨院 公式SNSアカウント にしこく鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】にしこく鍼灸整骨院 公式SNSアカウント にしこく鍼灸整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】にしこく鍼灸整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中